入れ歯

入れ歯の種類

失った歯を補う方法として、さし歯と入れ歯があります。さし歯はしっかりと固定しますが、入れ歯は着脱自由!
入れ歯は人工物なので、半年に一度はかかりつけの歯科医でメンテナンスが必要です。日常的な手入れも怠らず、丁寧に扱って少しでも長く入れ歯の寿命を延ばすようにしましょう。

ノンクラスプデンチャー 入れ歯を引っかけるバネが見えにくく、審美的な面でとても優れています。
また、金属アレルギーの心配がないのも特徴。「入れ歯だとすぐわかるのは嫌だ」という方にはおすすめです。
コーヌスデンチャー 審美性と機能性に優れた新しいタイプの入れ歯で、残っている歯を保護しながら使うことができます。また、強固に固定されるので、自分の歯のように堅いものも噛むことができます。
チタンデンチャー 薄くて軽い入れ歯で、着け心地も抜群です。「入れ歯になる前と同じように食事が楽しめる」と人気が高く、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

治療のステップ

カウンセリング

歯の状態を検査し、どの入れ歯が最適か判断します。

型取り

上下とも、歯の向きや状態、顎の形がわかるように型取りをします。

最終的な型取り

入れ歯はサイズが合わないと、カラダ全体に悪影響を及ぼすこともあります。いかに口の形に合わせた型を取るかが重要になります。

噛み合わせや歯並びをチェック

上の歯と下の歯の噛み合わせを念入りにチェックします。

定期健診

微調整を繰り返し、フィットしたら完成です。定期的に調整とお口のチェックを行います。

医院紹介 医院ブログ 医院ブログ