歯科口腔外科

インプラント治療

インプラントとは、歯が抜けたあとのあごの骨に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人口歯をかぶせる治療法です。入れ歯のように取り外さなくてもよく、ブリッジのように両側の歯を削らずにすみます。噛む力も、天然の歯で噛んでいる実感が持てるくらいまで回復します。

こんな方はインプラントがおすすめ!

  • 抜けている歯がある
  • 入れ歯やブリッジが合わない
  • 歯がグラグラしている
  • 堅いものが噛めない
  • 食事が楽しめない
  • 入れ歯に抵抗がある
  • ブリッジにするため健康な歯を削りたくない
  • 健康な歯をできる限り残したい
  • 口元が気になり話ができない
  • 運動を積極的に楽しみたい

治療のステップ

カウンセリング

歯の状態を検査し、インプラント治療を受けられる状態かどうか判断します。

精密検査

レントゲンやCTスキャンで歯並びの確認をします。

説明

インプラントは健康保険対象外になり、高額な費用がかかります。治療方針やインプラントの素材などについてしっかりと説明いたします。患者さまが納得された場合のみ治療を行いますので、ご安心ください。

治療スタート

インプラント治療をスタートします。

定期健診

インプラントを長く利用いただくためには、定期的なメンテナンスが大切。検診では口の清掃や歯周病のチェックのほかに、噛み合わせもしっかりと確認します。
天然歯は加齢とともにすり減っていきますが、インプラントは天然歯よりすり減りが少ないため、噛み合わせがずれることがあります。ずれたままにしておくと、あごの筋肉を痛めてしまうことにもなります。

当院で使用しているインプラントメーカー

SPIインプラント 骨との結合がしやすいのが特徴。なるべく治療費を抑えたい方におすすめです。
HAKHOインプラント 骨の量が少ないケースや抜歯と同時にインプラントを埋め込む手術など、骨を積極的につくりたい部位にも有効です。

親知らずの抜歯

親知らずがきちんと生えている人はまれで、ほとんどの人は斜めや横に生えていたり、あごの骨に深く埋まっていたりしています。そういう場合、親知らずを割って何度かに分けて取り出したり、あごの骨を削って抜くこともあります。生え方が特殊な親知らずの抜歯や噛み合わせなども安心して診療を受けていただけます。

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは、口を開けたり閉じたりしようとするときに痛んだり、口が大きく開けられないなどの症状が現れる病気です。特に20代の若い女性に多くみられます。
歯並びや噛み合わせが原因のこともありますが、多くの場合は普段の生活スタイルに問題があります。当院ではあごの違和感の原因が何かを特定し、症状に応じた適切な治療を行っています。

 

専門性の高い口腔外科に関しては、当院では月に2度、広島大学附属病院から口腔外科の専門医に来ていただいています。

医院紹介 医院ブログ 医院ブログ